English
facebookへ

公益財団法人二階堂美術館

展覧会のご案内

「霊峰」

展覧会のご案内

「寒牡丹」

現在の展覧会

特別展

二階堂コレクションの横山大観『THE 大観』

会 期 / 9月17日(木)~11月29日(日)

会 場 / 公益財団法人二階堂美術館

主 催 / 公益財団法人二階堂美術館

共 催 / 大分合同新聞社、エフエム大分

後 援 / OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送

 横山大観(明治元年~昭和33年)は、明治期における日本画の近代化に大きく貢献し、以後も戦前戦後期に いたるまで画壇の頂にあって美術界を牽引してきた偉大な画家です。加えて、日本人の心に寄り添った彼の作品 は、時代を問わず数多くの人々に愛され敬われ続けてきました。まさに、国を代表する「国民画家」という称号 が、もっともふさわしい人物といえるでしょう。
 もちろん、日本や東洋の伝統的絵画を幅広く学び咀嚼してきた大観の作品には、ひとところにとどまらない多彩な表情が認められます。しかし、それらの根底に共通してあるものは、やはり「日本」というものへのつよいこだわりではないかと思えます。西洋画的な光線の表現をとりいれた朦朧体と称される初期の作品には日本の湿潤な大気があますことなく表現されており、異国の風物を題材とした作品にも日本的な解釈による分かり易い表現がなされています。そして、日本を象徴する富士山、さらには、桜、紅葉、旭日、松林等々…
  本展では、公益財団法人二階堂美術館が所蔵する大観コレクションから、「国民画家」横山大観が描いた様々な「日本」を紹介します。

【展示作品】
二階堂美術館所蔵の横山大観作品 約50点
第1章:大気を描く 第2章:異国を描く 第3章:和国を描く
第4章:日常を描く 第5章:胸中を描く

イベントのご案内
◆オープニング・ギャラリートーク
9月17日(木) 13:30~
場所:二階堂美術館展示室内
講師:古賀道夫(当館学芸部長)

◆スペシャル・ギャラリートーク(講演会)
10月3日(土) 13:30~
場所:二階堂美術館展示室内
講師:島田康寬氏(美術評論家、前神戸市立小磯記念美術館長、元立命館大学教授)

◆展示解説
10月17日(土)、31(土)、11月14日(土)、28日(土) 各日とも13:30~
場所:二階堂美術館展示室内
講師:当館学芸員

※いずれも参加費・事前予約不要ですが、観覧料が必要です。
※新型コロナウイルスの影響により、中止となる可能性もございます。
開催の有無については二階堂美術館(0977-73-1100)までお問い合わせください。

 



コレクション展3
「吉祥のかたち~鶴・松竹梅・富士山など~(仮称)」
会期:12月2日(水)~令和3年2月7日(日)

TOPへ