English
facebookへ

公益財団法人二階堂美術館

展覧会のご案内
展覧会のご案内

上村松園「花ざかり」

現在の展覧会

コレクション展3

『吉祥のかたち ~鶴亀・松竹梅・富士山など~

会 期 / 12日2日(水)~令和3年2月7日(日)

会 場 / 公益財団法人二階堂美術館

主 催 / 公益財団法人二階堂美術館

後 援 / 大分合同新聞社

 古来より人々は、幸福や繁栄を意味する絵画などを身近に置いて、福運を招こうとしました。鶴と亀は、 『鶴は千年、亀は万年』のことわざがあるように長寿の象徴とされ、縁起物のモチーフによく使われます。松は冬の寒さに耐えて常に緑を保ち、竹は弾力に富みながらも真っ直ぐに育ち、梅は早春に清らかで高雅な花を咲かせ、薬用になる実を成すことから、それぞれめでたいものとして親しまれてきました。また、雄大にそびえ立つ霊峰富士は、古来より神の山と崇められて、そのゆるぎない威厳と風格は美を超えた生命力の象徴とされてきました。
本展では、縁起が良いとされる動物や植物などを描いた吉祥画を画題別に紹介し、日本の伝統的な祝の文化に接する機会とします。併せて、新たに収蔵した作品を紹介します。

【展示作品】
○二階堂美術館所蔵の吉祥の画題を描いた作品(上村松園、横山大観、川合玉堂、小林古径など)
第1章:吉祥をもたらす動物  第2章:吉祥をもたらす植物
第3章:福をもたらす神    第4章:めでたい風景

○特集コーナー/新収蔵作品ほか(加山又造、平福穂庵、松岡映丘、前田青邨など)  



コレクション展4
「竹内栖鳳と京都画壇の画家たち(仮称)」
会期:2月10日(水)~4月11日(日)

TOPへ