English
facebookへ

公益財団法人二階堂美術館

展覧会のご案内

竹内栖鳳「熱帯風光」

現在の展覧会

コレクション展4

『竹内栖鳳と京都画壇の画家たち』

会 期 / 令和3年2月10日(水)~4月11日(日)

会 場 / 公益財団法人二階堂美術館

主 催 / 公益財団法人二階堂美術館

後 援 / 大分合同新聞社

 幕末の京都に生まれた竹内栖鳳(1864-1942)は、四条派の伝統を引き継ぐ幸野楳嶺の下で絵を学び、早くからその才能を開花させます。栖鳳は四条派に終始することなく、他の流派の研究にも積極的に取り組み、その成果を自己の画面に反映させました。さらに、明治33年(1900)のヨーロッパ遊学で西洋美術への理解を深めた後には、伝統的な写生派の画風に西洋画法を加味した写実表現を確立、新たな日本画の可能性を世に示し、近代の京都画壇を牽引する存在となりました。また、後進の指導にも力を注ぎ、栖鳳の画塾・竹杖会からは、上村松園、土田麦僊、橋本関雪などのすぐれた画家が数多く輩出されています。
 本展では、こうした栖鳳の画業の一端を、外国の風景を水墨で描いた初出品の屏風《熱帯風光》(明治35年頃)をはじめとする約20点の作品で紹介します。あわせて、江戸時代から続く四条派の流れや栖鳳の門人たちなど、栖鳳を中心とした作家たちの作品を展示し、伝統を尊重しながらも進取の気性に富んだ近代京都画壇の様相を概観します。
   
【展示作品】
○二階堂美術館所蔵の竹内栖鳳および京都画壇の作家作品             約50点
第1章:栖鳳の師系  第2章:栖鳳の画業  第3章:京都画壇(栖鳳以前)
第4章:京都画壇(栖鳳世代)  第5章:栖鳳の門人

○2階優品コーナー                              約10点  



詳細が決まり次第、掲載致します。

TOPへ