English
facebookへ

公益財団法人二階堂美術館

展覧会のご案内
現在の展覧会

企画展3

『麗しき日本の女性たち
~上村松園・鏑木清方・伊藤小坡・中村大三郎など~

会 期 / 平成30年12月4日(火)~ 平成31年2月3日(日)
       ※12月29日(土)~1月3日(木)は年末年始のため休館

会 場 / 公益財団法人 二階堂美術館

主 催 / 公益財団法人 二階堂美術館

後 援 / 大分合同新聞社

 本展では、二階堂美術館の所蔵作品のなかから、上村松園の作品を中心とした美人画の作品を紹介します。
 二階堂美術館の創設者である二階堂暹(あきら)と美人画との出会いは、本格的に美術品収集を行う契機となった出来事とも言え、二階堂美術館にとって美人画は特別な意味を持つ作品だと位置づけられます。今回は、その契機となった上村松園作「桜花處女図」の作品を中心に明治・大正・昭和の美人画を展示し、美人画の新たな魅力に接する機会となることを目的とします。また覗ケース内では、松園の師であった幸野楳嶺の作品を中心に花鳥画を展示し、美人画に華を添えます。
 本展一階展示室では、上村松園の作品を中心に、鏑木清方、伊藤小坡、中村大三郎などの作品を、また、二階展示室では、伊東深水、横山大観の作品など当館所蔵の優品を紹介します。


【主な展示作品】
鈴木松年・上村松園「美人観月図」、上村松園「姉妹」「桜花處女図」「上﨟桜可里図」「唐美人図」「紫式部之図」「時鳥一聲」「汐くみの図」「雪中美人図」、鏑木清方「若き人々」「磯つたひ」、菊池契月「鉄線花」、伊藤小坡「青すだれ」「錦秋」、中村大三郎「春雨」「佳月」など

【優品コーナー】
横山大観「旭日老松」「霊峰不二」、川合玉堂「旅路の春」、伊東深水「美人画乃四季」、土田麦僊「少女図」、金島桂華「鳴于九皐」、岩澤重夫「緑響」「山湖」「秋聲」「白峰」など



次回の展覧会

企画展4

『東京画壇と京都画壇~横山大観・竹内栖鳳を中心に~』(仮称)


会期:平成31年2月5日(火)~4月14日(日)

TOPへ